英語教材徹底リサーチ

「英語学習教材」が本当に英語力向上に役立つのか、徹底的にリサーチ・検証をし、どこよりも詳しく紹介するサイトです

*

[検証]「リスニングパワー」を 30日間視聴して「英語耳」が身につくか

      2015/08/27

リスニングパワーのうたい文句

リスニングパワーの検証の続きです。(まだ前回の記事を読んでいない方はこちらをご覧ください)



リスニングパワーのうたい文句の 2つ目として、上記のページのように「わずか 30日で英語耳とネイティブに通じる発音を身に着けることが可能」とあります。

細かいことを言うと、正確には「スコットペリーに学べば」であって、「リスニングパワーを使用すると」とは書いてありませんので、リスニングパワーの効果をうたっているわけではないといわれそうですが、以下のようなフレーズも書かれているので、一応うたい文句と見なしておきます。

「スコットペリーが他の言語学者や科学者、そしてサウンドエンジニアの協力を得て、開発した「リスニングパワー」というプログラムを、30日間、聞くように日本人俳優たちに指導しているのです」

「スコットペリーが他の言語学者や科学者、そしてサウンドエンジニアの協力を得て、開発した「リスニングパワー」というプログラムを、30日間、聞くように日本人俳優たちに指導しているのです」

「リスニングパワーは日本人が苦手とする英語の周波数を聞き取れる英語耳にすることで、ヒアリング力が向上します。ヒアリング力が向上すると、英語の正しい発音を聞き取る事ができるため自然と発音力も向上していきます。」

「リスニングパワーは日本人が苦手とする英語の周波数を聞き取れる英語耳にすることで、ヒアリング力が向上します。ヒアリング力が向上すると、英語の正しい発音を聞き取る事ができるため自然と発音力も向上していきます。」

正直、30日間CDを聞き流すだけでは「発音力」が上がるとは思えない(少なくとも明確な差がでるとは思えない)ので、引き続きリスニング力の向上有無をチェックすることにしました。


リスニングパワーの利用方法

リスニングパワーの利用方法は前回と同様で、iPod に入れたものをヘッドフォンで日々聞き流します。

 CD1:2週間 毎日 1回視聴
 CD2:30日までの残りの期間 毎日 1回視聴 ←今回はここを実施

この期間中、他の英語教材等は一切使用せず、洋楽や洋画を含め、英語自体も可能な限り聞かないようにしました。


検証内容の詳細

利用開始後 2週間目の前回は、うたい文句に応じて「字幕なしで映画が見れるようになったか」をチェックしましたが、今回はそれに加えてTOIEC形式のリスニングテストも併用しました。

このリスニングテスト「HEMHET」は、アルクの1000時間ヒアリングマラソンで提供されているオンラインで利用可能なマンスリーテストです。(1000時間ヒアリングマラソンを使用後のテスト結果の記事はこちら

このテストを含めた、今回の検証全体のスケジュールとしては、以下のような感じです。

 1. リスニングテスト実施
 2. TVドラマ視聴 1回目
 3. CD1:2週間視聴
 4. TVドラマ視聴 2回目
 5. CD2:30日までの残りの期間視聴
 6. TVドラマ視聴 3回目
 7. リスニングテスト実施
 8. TVドラマのメモ内容をチェック

「字幕なしで視聴」の具体的な検証手順等については、前回の記事をご覧ください。


「字幕なしで視聴」30日後の検証結果

まずは字幕なしで視聴をしたその後の結果です。

リスニングパワーのメモチェック状況

メモの様子

<リスニングパワー利用開始前>
●第二話

メモ数 割合
29 85%
2 6%
× 3 9%
合計 34

<リスニングパワー利用開始後 2週間目>
●第五話(勘違いして3話目ではなく5話目を視聴してしまいました)

メモ数 割合
35 81%
4 9%
× 4 9%
合計 43

<リスニングパワー利用開始後 30日目>
●第三話

メモ数 割合
53 81%
5 8%
× 7 11%
合計 65

差分を簡単にまとめてみると、前回同様に以下の傾向がみられるようです。
・回数を経るごとにメモした回数は増えている
・○の数を見ると、リスニングパワー利用前のほうが若干正答率は高い

さらに今回は、メモの数が結構増えているのに対して、その分不正解の割合が増えていますので、トータルで見ると「プラスマイナス0」という感じかなと思います。

前回も書きましたが、メモの回数が増えているのは、俳優の英語に少しずつ慣れてきていることに加えて、開始最初メモを取る方法がややあいまいな感じだった(「意味が分かった内容をメモする」→「話している内容で分かったものをメモする」になんとなく移行した)影響があります。


リスニングテストの検証結果

次に30日間視聴した後のリスニングテストの結果です。

リスニングパワー利用後のHEMHET 実施の結果

正答率が 92% → 81% に低下してしまいました。

リスニングパワーのコンテンツは母音の発音が中心で、英語のセンテンスなどはあまり含まれていないので、正直言うともっとリスニング力が低下するのではないかと危惧していたのですが、想定したよりはテストの音声も耳に入ってきて、ポイントも落ちませんでした。

とはいえ、上昇もしなかったので、リスニングパワーによるリスニング力の向上があったかどうかについては何とも言えません。


まとめ

以上から「リスニングパワーを30日間聞いた結果、リスニング力がUPしたか」という点について結果を導き出すのは難しいですが、前回同様、少なくとも目立ってリスニング力が向上した、という結果は見出せないといっていいと思います。

詳細レビューでも書いていますが、この教材はどちらかというとリスニング初心者向けだと思いますので、初心者に試してもらえばまた違った結果が出るのかなとも思っています。もし条件がそろえば、リスニングの初心者に試してもらい、効果測定してみたいなと思っています。

 - [検証], リスニングパワー , , , ,